20プリウス

FrontPage フォーラム 走行性の向上 20プリウス

このトピックには1件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 年、 2 ヶ月前 info@erable.jp さんが最後の更新を行いました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #676

    info@erable.jp
    キーマスター

    2014年12月20日 22時18分
    今年の雪道は快適に走行出来ています。
    今までで在れば、滑りやすい路面での発進は
    タイヤがスリップしてモータートラクションが効きアクセルを、いくら踏み込んでも
    なかなか発進出来ない状態でしたが
    今年はタイヤがしっかり路面を掴んでいる感覚です。
    (前回も記載しましたが、中古スタッドレスです)

    #677

    info@erable.jp
    キーマスター

    2014年12月22日 15時55分
    Tatsumiさま

    こんにちは、
    管理人の田中です。

    ソリトンチューン ARSは、滑りやすい路面での発進にも貢献しているようでうれしいです。

    昨年と同じ中古のスタッドレスを履いておられるとか、、、Tatsumiさまのプリウスの昨年と今年の違いは、ARSが施工されている、、、という一点だとお見受けします。

    なぜこのような素晴らしいというか不思議な効果が体感できるのか?不思議に思われていることでしょう。

    なので、仮説ですが私の個人的な見解を述べてみたいと思います。

    答えは簡単です。

    Tatsumiさまのプリウスに施工されたARSは、プリウスを伝わるすべての波を非線形の波ソリトンに変化させるアイテムだと私は考えています。

    タイヤにモータートラクションが最適に作用するのも、ソリトン(波)に起因している、、、と考えられるのです。

    ソリトンの特徴は、
    1.ソリトンは、波の相互干渉を起こさない「波の重ね合わせに従わない波」です。
    2.ソリトンは、複数の波同士が衝突を起こしても、相互にすり抜けて衝突前の元の波形を保つ波形記憶を持つ波です。
    3.ソリトンは、粒子性と波動性を併せ持つ波です。
    4.ソリトンは、ソリトンゆえにエネルギーを高め、ソリトンゆえにエネルギーを伝える。
    と考えられています。(ウィキペディアなどからり引用)

    細かいプロセスは割愛させていただきますが、「波の重ね合わせに従わない波」ソリトンが、タイヤのスリップとモータートラクション機能の最適化に貢献していると考えられるのです。

    現象ありきの仮説ですが、いい方向に作用した恐るべきソリトン効果ですね!!

    また何か気づかれたら、書き込んでくださいね。

    それでは、、、これにて。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。