20プリウス

FrontPage フォーラム その他 20プリウス

このトピックには1件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 ヶ月前 info@erable.jp さんが最後の更新を行いました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #642

    info@erable.jp
    キーマスター

    2014年12月20日 22時05分
    ご無沙汰しております。
    先日の事です
    気温3℃、強風の中停車してオーディオを聴いていた時です。
    車のすぐ後ろで 犬の鳴き声がしたので辺りを見回しましたが何も見えません。
    目線をずっと後ろの方向に向けると、50m以上離れたお宅の庭で犬が吠えていました。
    体感的には、すぐ後ろから聞こえていましたが・・・
    不思議な感覚でした。

    #643

    info@erable.jp
    キーマスター

    Tatsumiさま

    こんにちは、
    管理人の田中です。

    強風の中停車されていて不思議な体験をされたみたいですね!

    考えられることは、吠えている犬の方角からTatsumiさまのプリウスに向かって風速30メートル/秒くらいの強い風が吹いていたのなら、50メートルの距離から30メートルを引き算して20メートル程度の距離に等しいとも考えられるのです。

    さらに強風ゆえに風下に向かって犬が吠えていると考えると、指向性も手伝って拡散されにくい状態でプリウスに届いたのではないかとも考えられます。

    もし、そのような状況が起きていたのなら、犬の吠える声が拡散されにくい状態でプリウスのすぐ後ろから聞こえるように感じる可能性も考えられるのです。

    なぜなら、プリウスの車内はポテンシャルエネルギーの高められた、音をリアルに伝える性質を持つソリトン空間だ、、、と私は考えているからです。

    Tatsumiさまの不思議な体験は、強風という自然現象とソリトンの持つ性質によって引き起こされた現象なのでは、、、と私は考えています。

    これらはあくまで私の仮説です。

    私は科学者ではありませんから、計算式や理論などを用いて証明することはできません。

    Tatsumiさまの不思議な体験の謎解きの参考になれば幸いです。

    それでは、これにて、、、。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)

このトピックに返信するにはログインが必要です。