波の重ね合わせによる相互干渉

音響と干渉波


  • オーディオ再生のネック

    音、つまり波の持つ性質により、

    「結合音」や、「定在波」による「唸り」、音像の「滲み」や「濁り」などが、

    発生することです



  • オーディオ再生を行うときに、

    ネックとなっている音場の「結合音」や、

    「定在波」による「唸り」、音像の「滲み」や「濁り」等は、

    空気を伝わる波が壁面等で反射され、

    音場の波同士が衝突することで、波の相互作用や共鳴により、

    波の形が変化したものなのです



  • 例えば、

    スピーカーにより再生された(ア)という一音は、

    オーディオを聴いている部屋の中を、

    山彦のような反射により、一秒間に100回以上も衝突を繰り返し

    減衰していきます



  • 反射した(ア)という一音は、

    波の重ね合わせの原理に従い、

    衝突した波の数だけ(ア)〈ア〉《ア》<ア>≪ア≫のように

    合成された音へと変化し、

    減衰していきます



  • このように、

    波同士が衝突し、

    波の重ね合わせにより

    原音とは異なる波へと変化していく波を、

    線形波と呼んでいます



  • 現実にオーディオを再生している部屋では、

    連続した無限の音の強弱や揺れを持った

    無数の波が重なり合うことで、

    無限ともいえる合成された波(音)に埋め尽くされているのです



  • 私たちが聞き取れる反射音の回数は、

    5回程度といわれていますから、

    原音と極端にかけ離れた合成音は、

    聴かないで済むことになります



  • このように、

    普通の波(線形波)の部屋では、

    「結合音」や、定在波による「唸り」、音像の「滲み」や「濁り」などは

    必然的に発生しているのです



このような波の性質ゆえに




  • 私たちは、

    原音に収録されている音ではなくて、

    波の重ねあわせにより、原音が変化した合成音を聞いている

    ことになります



  • 重ねあわせにより合成される音は、

    再生する部屋の形状や調度品などの配置による反射環境により、

    合成音も変化してしまいます



  • これは、

    同じ音響機器を設置したとしても、

    再生するする部屋の環境により、再生音が異なることを意味します



  • このように、

    再生する部屋の反射環境と、波(線形波)の持つ性質により

    無数の合成音が生み出され

    「結合音」や「唸り」、音像の「滲み」や「濁り」

    などを発生させているのです



  • 波の重ね合わせの発生する部屋や車内では、

    「現実に、録音/再生音の物理的忠実性は成り立たない」

    ということになるのです”