ブログ/2010-12-01

ソリトン B4 ドキュメンタリー

音響共鳴ソリトン空間(Acoustic resonance spatial soliton)
アルス(ARS)



2010年11月16日 21:20に給油

トリップA:276.6㎞
オドメーター:88,227km
車載デジタル平均燃費計:6.4km/㍑

満タン給油:46.02㍑
実質平均燃費:6.01km/㍑【燃費計補正率:×0.939】



11/11
気温の低下にともなって朝のエンジンの始動に一抹の不安を感じるようになった。

今年の冬は気温の低下も厳しいのではとの憶測もあり、タイヤ館に持ち込んでバッテリーチェッカーでチェックしてもらった。

チェックレベルはゆるゆるでいいからとお願いしたのだが、そのレベルでも交換する時期が来ているとのこと。

ついているバッテリーを確認すると75Ahだったので80Ah(3年保障)のバッテリーに交換してもらった。


2010/11/22

2010/07/15以来、エンジンを始動するときのB4のパフォーマンスであるタコメーター、スピードメーター、温水計、燃料メーターの針が一旦フルスケールまで振れてから有機LEDのメーターが点灯するという儀式が省略されて、直ぐにメーターが点灯するという表示が立て続けに2回も起きた。

その後も、原因不明のままこのメーターパフォーマンスが省略されるのを何度も経験した。

ところが最近になって、この問題の発生する原因が明らかになったのだ。

タイヤ館にてバッテリーを新品に交換(2010/11/11)してからこの不具合は一度も発生していない。

B4のエンジン始動時にメーターのパフォーマンスが省略されるという不可解な現象は、バッテリーが劣化し、電圧低下を起こしたことがその原因だったようだ!!

このように原因不明の不可解な現象も、それなりの因果関係によって起こるべくして起きていることを改めて実感させられた。


コメント







認証コード5464


コメントは管理者の承認後に表示されます。